口腔外科Oral surgery

 

口腔外科

虫歯や歯周病が原因による抜歯はもちろん、歯茎の中に埋もれた親知らずの抜歯にも対応します。腫れていない、痛くないからといって抜かずに放置しておくと、知らない間に虫歯になっていたり、膿が溜まっていたりします。症状は無くても将来的にトラブルの原因になる可能性のある親知らずは早めの抜歯がお勧めです。しかし親知らずの抜歯は神経や上顎洞(頬骨の中の空洞)との位置関係のため、抜歯に際してはより注意が必要になります。当院では必要に応じてCTで三次元的な位置関係を確認し、最も安全な抜き方を検討し、十分なカウンセリングを行っています。実際の抜歯に際しても、しっかりと麻酔を利かせた状態で抜歯しますので、痛みはほぼ感じません。抜歯後の痛みや腫れも、痛み止めや抗生物質を正しく服用することでかなり楽になります。
 抜歯以外にも外傷(怪我)や腫瘍(良性・悪性)、粘膜疾患、顎関節症、口腔乾燥症(ドライマウス)にも対応しています。より専門的な対応が必要な場合は信頼できる近隣の口腔外科を紹介します。


menu